MENU

このエントリーをはてなブックマークに追加  

脳梗塞や心筋梗塞など生活習慣病の再発を防ぐには?

心筋梗塞や脳卒中などの生活習慣病は、死を招くこともあるので、しっかり予防と対策をしたいものです。一度生活習慣病を発症してしまうと、治療が困難になることが多く、後遺症をわずらうこともあります。生活習慣病を発症しないように予防するのが一番です。もしも発症してしまったら、発作の再発を防ぐために、対策努力しなくてはなりません。 

 

生活習慣病は、生活習慣が大きくかかわるものです。バランスのとれた食事と適度な運動を心がけましょう。たばこは生活習慣病のリスクを高めてしまいます。生活習慣病の予防と対策のためには、禁煙も実行したいです。 

「脳梗塞の再発は怖い!」誰でもできる生活習慣病の予防と対策とは?

生活習慣病の予防と対策のための食習慣では、夕食を軽めにすると良いでしょう。日本人の食事では、夕食が一番豪華となりがちです。しかし、生活習慣病の予防と対策を考えるなら、夕食を軽めにすべきです。また、油を使った料理を控えて、1日の総摂取カロリーを少なめにします。 

 

昼食が外食の人は、特に注意が必要です。外食は高カロリー・高脂肪食であることが多いのです。また、主食と肉類の割合が多く、野菜は少なめです。このような食事を続けていると、生活習慣病のリスクが高まります。予防と対策のためには外食を避け、栄養バランスを考えたお弁当を持参するのが理想です。難しい場合は、外食のときに定食を頼むなどして調整するようにしましょう。 

 

生活習慣病の予防と対策のためには、内臓脂肪を減らす必要があります。これには適度な運動が有効です。身体活動により、消費エネルギーが増えます。また身体機能が活性化するので、脂肪が燃焼しやすくなります。その結果、脂質異常高血圧などの生活習慣病の予防と対策につながります。心筋梗塞脳卒中などの発作を起こした人にとっては、運動はリハビリとしての効果があります。無理のない範囲で、生活に取り入れましょう。

 

生活習慣病の予防と対策のためとはいえ、いきなり激しい運動を始めてしまうのはいけません。急激な運動は、体に負担をかけます。有酸素運動とされる30分~40分程度の早歩きがいいと言われています。発作を起こし、リハビリのために運動を開始する場合、激しい運動は発作の再発を招きかねません。主治医と相談しながら運動メニューを設定し、徐々に量を増やしていきましょう。また、体調に変化があったらすぐに中止し、安静にしましょう。服装は体が自由に動くもの、靴はスポーツシューズを選びます。クッション性の高いかかとのスポーツシューズは、膝への負担が少ないのでおすすめです。底は柔軟性のあるものを選びましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

更新履歴